chu!
試したスイーツ感じたままに。お取り寄せたり寄せなかったり。

石村萬盛堂の鶴乃子
石村萬盛堂:鶴乃子今やマッシィロマンの方が有名になった感のある石村萬盛堂ですが、私が馴染み深いのは鶴乃子の方。博多銘菓で子供の頃によく食べていたお菓子です。
ぱっと見は、岩手の「かもめの玉子」に似ています。でもこちらの白身部分は、ふわっふわのマシュマロ。チョコのコーティングなどはありません。卵形の真っ白いマシュマロの中には黄身あんが入っており、若干黄身の色が薄いものの非常に玉子ちっくです。
マシュマロは歯ごたえを感じないほどの柔らかさで、ムニュっというよりフワっという感じ。噛みきった後のプチプチ…という小さな音もたまりません。黄身あんには豆の(?)ざらつきがありますが、だからこそマシュマロに絡みつくのか口の中で一体化してくれます。少し甘めだからお茶も進むし、美味しくて大好き。
お菓子の見た目も鶴の絵が描かれた箱も可愛いので子供の頃はばくばく食べていましたが、そんな風に食べるのはちょっともったいなかったかも。私のマシュマロのスタンダードは、これなのかもしれません。

(ただ、とても好きなお菓子なんだけど、サイト画像の黄身あんは量が多い気がします。あんの入り方・断面の作り方によるのかもしれないけれど、あれをイメージして食べると正直エッ!?と思うかも。実際にはバランスのいいちょうどいい量ではあるんですけどね)
【1個:62kcal】


関連記事:当ブログ内の石村萬盛堂

石村萬盛堂

※カロリー他情報は現時点でのものです
和菓子 | Permalink | comments (0)
ボンサンク(石村萬盛堂)のマシュマロ
ボンサンク(石村萬盛堂):マシュマロ黄味あんをマシュマロで包んだ「鶴乃子」で有名な石村萬盛堂の別ブランド、ボンサンクから出ているマシュマロ2種。チョコマシュマロとコーヒーマシュマロです。
普通より大きめサイズのマシュマロの中には、それぞれコーヒークリームとチョコクリームが入っています。クリームと書いてはいますが、緩さのない結構固めの質感です。
マシュマロの方はふわふわで、めちゃくちゃキメが細かいです。噛んだりちぎったりしたマシュマロって、断面がつやつやになりますよね。それを顕著に感じます。やっぱり、ここのマシュマロは美味しいな。中にあんやらクリームやらが入っているというのも、私的にはポイント高し。飽きないです。
チョコクリームは気持ち甘め、コーヒークリームは予想以上に苦めです。どちらも美味しいけれど、私はチョコの方がちょっと好き。
その気になれば幾つでも食べられそうですが、感覚的には2個で十分満足。温かいコーヒーと一緒に食べたい大人のマシュマロです。
【チョコマシュマロ1個:46kcal、コーヒーマシュマロ1個:55kcal】


関連記事:当ブログ内の石村萬盛堂

石村萬盛堂

※カロリー他情報は現時点でのものです
その他菓子 | Permalink | comments (2)
ボンサンク(石村萬盛堂)のシャンデレザン
ボンサンク(石村萬盛堂):シャンデレザン石村萬盛堂の別ブランド、ボンサンクのシャンデレザン。マシュマロを買いに行ったのですが、最近あちこちのレーズンサンドを食べ比べているので買ってみました。
ビスケットは柔らかめで、バターの香りが強いです。クリームはあっさりーというより、確かにコクのある感じ。ラムの香りのするレーズンも美味しいのですが、なんとなくレーズン的に物足りない…。レーズンがこぶりなのかなぁ。
印象に残るのは、やはりバターの香りですね。ホームメイドっぽい、まるで友達の綺麗なお母さんが作ってくれたお菓子のような感じです。
【1個:194kcal】


関連記事:当ブログ内の石村萬盛堂

石村萬盛堂

※カロリー他情報は現時点でのものです
クッキー・焼き菓子 | Permalink | comments (0)

このページの先頭へ