chu!
試したスイーツ感じたままに。お取り寄せたり寄せなかったり。

文明堂のちーずまる
文明堂:ちーずまる東京土産として定着しつつあるらしい文明堂の「ちーずまる」。絶賛している方が別ルートで何人かいらっしゃったので試してみました。チーズは普通に好きですが、チーズケーキはラブってほどでもありません。
結果。チーズの入った柔らかめのガレットケーキ…という、そのまんまの感想に終わりました。しっとりとしていて、甘しょっぱい感じの味。私は普通な感想でしたが、我が家のチーズケーキ好き男は美味しいと言って食べてました。
ケーキの中にはクリームチーズ、トッピングのように埋め込まれているのはプロセスチーズかな。でも、それほどくどい印象は受けなかったです。

文明堂と一口に言っても日本橋・銀座・新宿など暖簾わけが多く、しかもそれぞれが独立した会社らしいので展開している商品が違うそうです。「ちーずまる」は新宿文明堂のお菓子のようですが、新宿文明堂のお店ならどこにでも置いてあるという訳でもなさそう(お店で取り寄せてもらうことはできるみたい)。とりあえず、羽田空港内の文明堂には置いてあるようです。

関連記事:当ブログ内の新宿文明堂

東京新宿文明堂

※カロリー他情報は現時点でのものです
クッキー・焼き菓子 | Permalink | comments (2)
明治製菓のスパイスカールブラックペッパー
明治製菓:スパイスカールブラックペッパー「スパイシーな旨さと歯ごたえのある食感」とメーカーサイトに書いてあるけど、確かに歯ごたえのあるカリっとした奴でした。
ビールを飲みながら・ではなく、麦茶を飲みながら食べたのですが、期待したほど味に旨みがないような…。それほど黒コショウ感はないんだけど、口の中は次第にピリピリとなってきました。
うーん。うーん。
やはりカールは「うすあじ」が最高じゃないかと思います…。

そういえば「うすあじ」って西日本のと東日本のでは味が違うんでしたよね?どっちが美味しいんだろう…。うどんつゆは関西の方が断然美味だと思うんだけど。

※カロリー他情報は現時点でのものです
スナック | Permalink | comments (2)
フェルヴェールのキャラメルカスタード
前に食べたので画像なしです。
かなり濃厚で、プリン系の中で一番スキ〜!という人も多そうなんだけど、私はそれほど好みじゃなかった…。基本的には不二家のカスタードプリンのような、表面硬めで中がぷるるんっとした感じのしっかり系プリンが好きなんですよね。フェルヴェールのキャラメルカスタードは見た目も可愛いプッチン形だし、もちろんプリン味なんだけど、表面とか中とかの境がなく全体にねっとりしているような印象でした。
んー。味よりも、口に入れた時の舌触りがそそらなかった気がします。

http://www.success21.com/ferver/

※カロリー他情報は現時点でのものです
ケーキ・生菓子 | Permalink | comments (0)
カネフク製菓の多胡麻
カネフク製菓:多胡麻もしかしたらローカルかもしれないおせんべい。黒ごまたっぷりの多胡麻です。
外側に醤油だれが塗ってあるごく普通のお煎餅。ですがこの黒ごまの量はかなりすごい気がします。黒ごま配合率50%で、いかすみでも練り込んだかのような色。割ってみてもごまだらけです。
お煎餅自体はパリッとしているんだけど、ごまとたれのせいで口に入れるとなんだかしっとりとした印象に。これを食べると普通のごませんべいでは物足りなくなります。癖になる美味しさ。


関連記事:セブンイレブンの胡麻せん

※カロリー他情報は現時点でのものです
せんべい・珍味 | Permalink | comments (8)
喜久水庵のいっぷく(喜久福)
喜久水庵のいっぷく(喜久福)お茶の井ヶ田・喜久水庵の「いっぷく」(喜久福)という抹茶クリーム大福です。喜久福を一回り大きくしたのが「いっぷく」らしく、Webサイトを見た限りでは味に違いはなさそうです。
きめのこまかいフワっとした抹茶クリームをこしあんで包み、さらに薄いお餅で包んであるこのお菓子。アイスの雪見だいふくを溶かして食べた時のような柔らかな食感です。こしあんは優しい甘さだし、抹茶クリームは苦すぎず甘すぎず。とにかく美味しい!
お店ならすぐに食べられる状態ででも売っていますが、冷凍のを買っておいて食べたい時に自然解凍して食べるのがオススメ。解凍にもそれほど時間がかからない(30分位かな)ので、常備しておきたいお菓子です。
生クリーム大福やどら焼きっぽいお菓子などいくつか試してみましたが、私には抹茶クリーム大福が一番美味しく感じられました。

関連記事:当ブログ内の喜久水庵

お茶の井ヶ田・喜久水庵
同楽天ショップ

※カロリー他情報は現時点でのものです
和菓子 | Permalink | comments (2)

このページの先頭へ