chu!
試したスイーツ感じたままに。お取り寄せたり寄せなかったり。

ひよ子本舗吉野堂のピヨピヨもなか
ひよ子本舗吉野堂:ピヨピヨもなかひよ子本舗吉野堂(株式会社ひよ子)の「ピヨピヨもなか」。お土産に頂きました。
なんとも可愛らしい商品名とその中身!渋めのパッケージも好みです。

浅いケースの中に、白いひよ子と茶色いひよ子が背中合わせに入っています。若干小ぶりではあるけれど、もなかなので十分すぎる満足感です。
白ひよ子は八女の抹茶を使った抹茶餡、茶ひよ子は北海道の小豆を使った小倉餡になっています。皮には佐賀のひよくもちを使用しているそう。食べる前は、皮にそれほど違いはないのでは?と思っていましたが、なんだか皮が美味しかった。

株式会社ひよ子(福岡):ピヨピヨもなか特に茶色い焦がし皮の方が好みでした。先に白ぴよを食べたせいかもしれませんが、口に入れた瞬間、ふわっと香ばしさが広がって嬉しくなりました。久しぶりに食べたけど、やっぱり最中美味しいな。
もなかとしては、気持ち甘さ控えめの餡かもしれません。重すぎず少なすぎずで量も満足。
見た目も商品名も可愛いし、もなか自体もきちんと美味しい。機会があったら自分でも買いたい素敵なお土産だと思いました。

ところでこの商品、東京ひよ子でも扱っているらしいです。ただ、Webサイトを見ると東京の商品ページには現時点では「ぴよぴよもなか」と書かれているんですよね。意図的にかな表記を変えているのか単に修正し忘れなのか…。東京駅で買うと違う商品名だったりするのでしょうか。
福岡ひよ子には、黒糖やら栗やらいろいろと限定品もあるようで気になります。他にも、フィナンシェならぬ「ピィナンシェ」とか、可愛すぎる。

ひよ子本舗吉野堂

※カロリー他情報は現時点でのものです
和菓子 | Permalink | comments (2)
ありあけの黒船ハーバー
ありあけ製菓:黒船ハーバーありあけの黒船ハーバー。パッケージにチョコレートケーキと書いてありますが全く別のお菓子という訳ではなく、ハーバーのチョコ版という感じです。
写真の通り、見た目は黒。断面も黒っぽい色をしているのでさぞやチョコ寄り商品かと思いましたが、食べてみるとそうでもないような感じです。栗の粒はありませんが、中身は白あんと栗を使ったハーバー風のあんで、それほどチョコっぽさは感じません。チョコの風味は外側のスポンジの方が強いのですが、それでもチョコレートケーキという印象ではないかな。
黒船というネーミングと見た目の色は楽しいのですが、個人的にはハーバー12個:黒船3個位の割合で箱に詰めてもらいたい感じです。栗が苦手・とにかくチョコ好きな方にはこちらの方がいいかもしれません。

ありあけ

※カロリー他情報は現時点でのものです
クッキー・焼き菓子 | Permalink | comments (0)
ありあけの横濱ローヤルハーバー
ありあけ:横濱ローヤルハーバーありあけのハーバーの高級版、横濱ローヤルハーバーです。横浜タカシマヤで買ったのですが、ありあけWebサイトの商品案内には掲載されていませんね。どうやらハーバーズムーンで扱っている商品のようです(オンラインショップには掲載ありです)。栗あんに生クリームの練り込み、ブランデーで風味付け、マロングラッセたっぷりという高級ハーバーになっています。
単純に見た目という点では、普通のハーバーの方が色が綺麗で美味しそうです。ローヤルは茶色がかっていてくすんだ感じ。でも外側からでも栗がたっぷり散りばめられているのが分かります。
断面もやはり色はくすみがちなのですが、食べてみるととにかくマロングラッセの風味が強くて上等な感じ。美味しいけれど、でもこれはハーバーなのだろうか…もっと違うマロングラッセを使ったお菓子じゃないんだろうか?という疑問が沸き起こります。美味しいけれど、確かに美味しいけれど。でもやっぱりちょっと別物かな〜。
栗の甘露煮よりもマロングラッセの方が好き!という方だったら間違いなくローヤルおすすめ。私は甘露煮の方がちょっと好きかも知れません。

ありあけ
ハーバーズムーン

※カロリー他情報は現時点でのものです
クッキー・焼き菓子 | Permalink | comments (2)
菓匠花見(浦和花見)の白鷺宝
花見:白鷺宝(かふぇ・茶ちゃ・小倉胡桃)以前は浦和花見だった気がするのですが…。菓匠花見の白鷺宝(はくろほう)。地元のお菓子です。
小ぶりのあんこ玉風の物が、一つずつ銀紙に包まれています。くしゅっと絞っただけの銀紙の内側には薄紙。その中に丸いお菓子が入っています。今回は色々な種類を買ってみました。(写真は半分にカットしてあります)
基本の白鷺宝は、黄身入り白あんをホワイトチョコ風のミルクで薄くコーディングしたものです(右手前)。底に焼き色がついているので最初に焼いてあるのでしょうね。かもめの玉子に似た外見のお菓子ですが、白鷺宝は完全に和菓子の領域という感じ。どちらも美味しいけれど、かもめの方が玉子っぽさを味わえるような気はします。
ノーマルの白鷺宝の他に、茶ちゃ、かふぇ、伊勢丹限定らしい小倉胡桃を買ってみました。小倉胡桃、確かに小倉あんですが胡桃の存在はよく分からず。茶ちゃは抹茶というより緑茶な印象。色は濃いですが濃すぎない味で美味しいです。
周りに黒い粒々のついたのがかふぇ。インスタントコーヒーのような粒がコーティングされています。プレーンと同じ黄身あんなのですが、この「かふぇ」が美味しかった! 予想よりずっと苦め(+酸味少し)なコーヒーが、黄身あんによく合います。後味はかなりブラックコーヒーなので、すっきりとした印象にもなります。プレーンの白鷺宝と、変わり種っぽいかふぇが特に気に入りました。

実は子供の頃は、見た目が地味過ぎて好きになれないお菓子でした。色的になんとなーく法事的な印象もありました。でも大人になった現在は、この包装もいいなと思うようになりました。
しかしプレーンが一番だと思っていたのに、かふぇがこんなにも口に合うとは驚きです。ただ、かふぇを食べる時の飲み物を何にするのか?が悩むところではありますが。


菓匠花見

※カロリー他情報は現時点でのものです
和菓子 | Permalink | comments (0)
江崎グリコのちっちゃなプリッツ野沢菜
グリコ:ちっちゃなプリッツ野沢菜信州土産もこれで一段落。グリコのちっちゃなプリッツ野沢菜、信州限定品です。
長さ8cm程のプリッツが食べきりサイズの小箱に入っています。小箱6つで1セット。ちょっと配るのにいいお菓子ですね。写真の量で小箱の半分位です。
このプリッツは野沢菜を5%使用しているそうです。封を開けて取り出すと、確かに野沢菜の香り…というか、ちょっとワサビっぽいような気がしました。
味は、無難に美味しいです。意識して食べればしっかり野沢菜の香りで、ツンとくる酸味のようなものも表現されています。粉末酒かすで発酵食品っぽさを出しているのかな? 唐辛子入りなので後味はピリっとしますが、それほどキツくはありません。でもやはり、総合的に弱めのワサビのような気がしたり…。
好きか嫌いかで言ったら私は結構好きな方です。美味しいとも思うのですが、これを食べるとわさびのプリッツを食べたくなってくるのが困りものです。
【1箱(23g):113kcal】

関連記事:当ブログ内のプリッツ

グリコネットショップ
(現時点では通販可能です。マルタイラーメンプリッツが気になります)

※カロリー他情報は現時点でのものです
スナック | Permalink | comments (0)

このページの先頭へ