chu!
試したスイーツ感じたままに。お取り寄せたり寄せなかったり。

はらドーナッツのはらドーナッツ
はらドーナッツ:はらドーナッツ神戸のお豆腐屋さんから生まれたはらドーナッツ。関東にもお店が増え、最近は全国に広がりつつありますね。関東で1店舗目?らしき吉祥寺店で買ってみました。
GWのお昼頃に行ったのですが行列は10人位。小さなお店でケースにそれほどたくさんは並んでないのに、皆さん20個30個と買っていかれるのでびびりました。でも奥のキッチンにはたくさんのドーナツが控えており、なくなるそばから次のドーナツが出てきます。
サトウキビやきなこ、チョコがけ、いちごのグレーズ、レモングレーズ+紅茶生地のレモンティーなどあれこれ買ってみましたが、プレーンの「はらドーナッツ」がダントツに美味しかった! しかも買ってすぐのホカホカ状態の時に食べたものが最高でした。一口目は正直、ん?そこまで美味しい?という印象でしたが、1個食べ終わる頃にはすっかりやられてしまいました。甘さと素朴さが絶妙で癖になる感じです。甘すぎないシンプルな豆腐ドーナツなのにその素朴さがたまらなくて、もう1個食べたい…。幾つでも食べたい!

と、めちゃくちゃ好みな「はらドーナッツ」だったのですが、豆乳やオカラを使った安心ドーナツとはいえ、揚げてあるので時間が経つとやはり油っぽさを感じます。しかもオカラを使っているせいか、じっとりとした印象もやや強めに…。冷めきってしまったプレーンタイプは、私の舌ではよくある豆腐ドーナツとさほど変わらない印象になってしまいました。

回転のいい時間帯にお店に行き、揚げたての「はらドーナッツ」をできるだけ早く食べるのが個人的にはおすすめです。家に持ち帰って軽くレンジ→トースターで油を落とすと揚げたての味に近づきましたが、やはり冷めきる前に食べた物の方が美味しかったなあ。まぶしものやグレーズがけも楽しいですが、温めることが難しいタイプは私はたまーにでいいかな…。基本は食べきり推奨です。

はらドーナッツ

※カロリー他情報は現時点でのものです
揚げ菓子・ドーナツ | Permalink | comments (2)
クリスピークリームドーナツのモンブランセレナーデ
クリスピークリームドーナツ:モンブランセレナーデクリスピークリームドーナツの季節もの、モンブランセレナーデです。他にカスタードクリームの入った商品もありましたが、見た目にやられてこちらをセレクト。可愛いです。
ごくごく普通のドーナツの上に、渋皮入りのマロンクリーム。くるみとドライのクランベリー・レーズンで飾り、ほんのちょっとパウダーシュガーが散らしてあります。
味は予想通りかな。普通のドーナツ+マロンクリームですね。グレーズもないそのままのドーナツなので、気温の低い日だと固さと油脂っぽさが感じられて辛いかもしれません。甘すぎないのと、時々やってくるフルーツ・ナッツの食感が楽しいという点ではおすすめです。
個人的には、見た目で楽しむドーナツという感じ。正直リピは微妙だけれど、1度は買いたい可愛さでした。
【1食:294kcal】


関連記事:当ブログ内のクリスピークリームドーナツ

クリスピー・クリーム・ドーナツ

※カロリー他情報は現時点でのものです
揚げ菓子・ドーナツ | Permalink | comments (2)
クリスピークリームドーナツのオリジナルグレーズド
クリスピークリームドーナツ:オリジナルグレーズド都内のお店では、まだ行列ができているのでしょうか。埼玉に2店あるクリスピークリームドーナツでは、ほとんど列がありません。でもそれが普通の姿だよね。と思い始めてきたクリスピークリームドーナツのオリジナルグレーズドです。
柔らかくて軽いドーナツに、お砂糖のグレーズがたっぷり。軽いんだけど甘いです。コーヒーが飲みたくなる甘さです。甘さ控えめを好む方にはかなり辛いドーナツかもしれません。でも、美味しいんですよねえ。
通常商品ではこれが一番だと思っています。さらにチョコがかけられたものやカスタードなどのフィリング入りもありますが、個人的にはオリジナルグレーズドだけでいいのでは?と思うほど。まぁ魅力的な季節限定品も多いので、そちらには惹かれてしまうんですけどね。
ちなみに、有名な話ですが列ができている時にはこのドーナツが試食として配られることが多いです。揚げたてのほこほこで、グレーズもまだ固まっていないべとべと状態のドーナツですが、これが最高に美味しい!(下半分をワックスペーパーで包んであります)
とはいえ、待ち列があってもタイミングによっては配れらないこともありますし、全然待っていないのにレジで渡されることもあります。状況によっては持て余してしまうこともあるけれど、やっぱり貰えると嬉しいんですよね。ちょっと位なら待ってもいいかな…と思える珍しいお店です。
【1食:220kcal】


関連記事:当ブログ内のクリスピークリームドーナツ

クリスピー・クリーム・ドーナツ

※カロリー他情報は現時点でのものです
揚げ菓子・ドーナツ | Permalink | comments (4)
花月のかりんとう
花月:かりんとう東京のかりんとう御三家は、銀座の「たちばな」、浅草の「小桜」、そして湯島の「花月」らしいです。たちばなと小桜は前に食べてとても美味しかったので、花月のかりんとうも試してみました。
ですが私、たちばなでも小桜でも細身のかりんとうしか食べていませんでした。どうもしっかりめのかりんとうには甘すぎる+硬すぎるイメージがあり、ほとんど手が伸びなかったんです。でも花月のかりんとうはこれ一種。迷うまでもなく、こちらを買ってきました。
しっかりめとはいえ、無骨な印象は受けません。細身とは言えないけれど、中身位の太さかな。するんとした形につやつやの飴がけが素敵です。白砂糖の蜜なので色も綺麗。真夏に持ち帰りましたが、ほとんどダレもありませんでした。
それなりの歯ごたえはありますが、覚悟するほどには硬くありません。太さのためかきめ細かい生地だからか、かりんとうの中心部分は白いままです。始めのうちはこの部分がちょっとパンっぽいように感じられていたのですが、食べているとちょうどいいバランスに思えてきました。
個人的には、お上品にカリカリするより遠慮なくがりがり食べる方がおすすめです。二つの味が口の中で融合するのが楽しいし、美味しい。次第に癖になる感じで気に入りました。他のお店でも太めのタイプを試してみよう。

花月:風呂敷包み「涼」200gの袋詰めを買いました。不織布の風呂敷で包んであります。夏限定の「涼」という名前の風呂敷でしたが、こちらは既に売り切れてしまったみたい。赤い金魚が可愛いです。

花月:おまけのこわれ平日のお昼過ぎにお店に買いに行ったのですが、200gのかりんとうを買ったら100g位のこわれをサービスしてもらいました。おまけと呼ぶにはあまりにもたっぷりサイズでびっくり。ちなみに、ほとんど壊れていなかったです。もちろんこちらも美味しかった。

花月

※カロリー他情報は現時点でのものです
揚げ菓子・ドーナツ | Permalink | comments (0)
日本橋錦豊琳のかりんとう(盛りだくさんいろいろ)
錦豊琳:盛りだくさんいろいろ東京駅グランスタに行列ができることで有名な日本橋錦豊琳のかりんとう。この会社の「盛りだくさんいろいろ」という詰合わせパックを頂きました。
と書いたものの、探し方が悪いのか検索してもそれらしきものは見つからず…。グランスタでは扱っていないパックなのかもしれません。ここの商品は、さりげなく他のお店で売られていることもあるようなので。(曲がりの強いものやくっついてしまったもの、折れてしまったもの等が詰められていますが二等品かどうかは不明です)
で、「盛りだくさんいろいろ」です。私が確認できたのは、黒糖・ねぎみそ・きんぴらごぼう・胡麻・十穀・しそざらめ・野菜・そば塩あたりかな。原材料を見ると緑茶も入っているようですが、はっきりとは分かりませんでした。
味として印象的なのは、人気が高いという「きんぴらごぼう」と「ねぎみそ」。きんぴらごぼうは甘辛で唐辛子がぴりっと効いた分かりやすい美味しさ。ねぎみそはたっぷりまぶしてあるネギの風味や甘味噌味が新鮮で、少し癖はあるもののなかなか美味しかったです。胡麻やしそざらめ、野菜、黒糖などのオーソドックスなものもそれなりに。

自分で行列に並んでいないのでこういうことが言えるのでしょうが、珍しさはあるものの普通に美味しいかりんとうだと思いました。話題性もあるし色々な味が楽しいので、手土産にはよさそうです。でも純粋にかりんとうを求めるならば、私は小桜の「かえで」か、たちばなの「さえだ」の方が好みかな。(小桜はパッケージでちょっとひいきしてるかも)
でも、色んな味が一度に楽しめるこのパックが並ぶことなく買えるなら、自分用に買って帰りたいとは思います。特に好みだったのは、穀物感の楽しめる長方形かりんとうの十穀と、癖のあるねぎみそでした。

※カロリー他情報は現時点でのものです
揚げ菓子・ドーナツ | Permalink | comments (0)

このページの先頭へ