chu!
試したスイーツ感じたままに。お取り寄せたり寄せなかったり。

石田屋の日光甚五郎煎餅
石田屋:日光甚五郎煎餅石田屋の日光甚五郎煎餅。日光に行くとたいていのお店に置いてあるお土産品です。
左甚五郎の名前があり、お煎餅の袋に猫も描かれていますが、特に甚五郎と関連がある訳ではなさそう。でも、甚五郎煎餅として定着してますよね。お煎餅にも『左』という字が入っています。
塩味のソフト系ですが、バターを使っているのが特徴。こくのあるふわんとしたバター風味と、あっさり塩味が合っていて美味しいです。お煎餅だから和のカテゴリーでいいとは思うんだけど、ちょっと洋も感じさせるかな。バターという言葉からイメージされるほどのくどさはありません。
日光に行くと、たいてい自分用に買ってくる大好きなお煎餅です。

石田屋

※カロリー他情報は現時点でのものです
せんべい・珍味 | Permalink | comments (0)
越後製菓のふんわり名人きなこ餅
越後製菓:ふんわり名人きなこ餅お煎餅ともおかきとも違う、ふわふわ米菓のきなこ餅。越後製菓にはチーズもちというふわふわ系米菓がありますが、さらに軽い食感です。
口に入れて口を閉じれば、もうそれだけで砕けてしまうたおやかさ。周りにはかなりしっかりめに、きな粉・砂糖・塩等を合わせたものがまぶしてあります。
岩塚製菓のきなこ餅とは全然違う印象ですね。あちらは和三盆を使って上品に仕上げてありますが、こちらは家庭的な印象を受けます。
適度な湿り気と共にきな粉がまぶされており、まるで小さいおはぎのよう。しっかり感じる塩気も、なんだか素朴で懐かしい感じです。
小袋に6個しか入っていないので物足りなくなるかと思いましたが、意外と満足感を得ることができました。味が濃いめだからかな?
熱いお茶と一緒に食べたいお菓子です。あと、なんとなく年配の方にも受けがよさそうな気がしました。300円超えは、正直ちょっと高いですけど。

越後製菓

※カロリー他情報は現時点でのものです
せんべい・珍味 | Permalink | comments (0)
岩塚製菓のきなこ餅
岩塚製菓:きなこ餅夏向きのチョコやスナックってわりと多いけど、夏向きのお煎餅ってあまり聞かない気がします。岩塚製菓のきなこ餅はもちろん冬でも美味しいけれど、自分的には夏にピッタリ!なお煎餅です。
「きなこ餅」との名前ですが、ソフト系のお煎餅に和三盆糖入りのきな粉がまぶしてあるものです。上品な甘さで、このままでも美味しい。けれど、これを冷凍庫で冷やすともっと美味しい!
夏の時期になるとパッケージにも記載されるやり方なのですが、冷凍庫の中に30分程入れて冷やすんです。まぁ数時間放置しておいても大丈夫。凍ることなんてありません。で、これを冷凍庫から取り出してすぐ食べる。
しつこさのないスッキリとした甘さになって、とっても美味。お煎餅自体がほんのり冷たいのも嬉しいです。
数分で元の状態に戻ってしまいますので、「すぐ食べる」のが重要。きな粉好きの方には、ぜひ一度体験してみて欲しい食べ方です。

岩塚製菓
新潟味のれん本舗
※新潟味のれん本舗は、岩塚製菓100%出資の会社(通販サイト)です。通常品よりワンランク上の素材で展開しているそうですよ。以前利用しましたが、確かに通常品より大きかったり形が整っていて食感が良かった気がします。パッケージにも高級感があるのでお遣い物向けかな。

※カロリー他情報は現時点でのものです
せんべい・珍味 | Permalink | comments (4)
セブンイレブンの胡麻せん
セブンイレブン(カネフク製菓):胡麻せん多胡麻を書いたからにはやはりこれも上げるべきだということで。セブンイレブンの職人かたぎシリーズ「胡麻せん」です。
これは、カネフク製菓の多胡麻(過去記事はこちら)です。コンビニシリーズには、この手のモノが多いですよね。通常商品を少量にして手に取られやすくしているよう思えますが、多胡麻もサイズのミニ化&少量で可愛い仕上がりになっています。
が、外側についている醤油ダレの味付けも同じらしく、かなりしょっぱく感じます。多胡麻は通常サイズでも味が濃いめのおせんべいなので、そこが更に強調されてしまう感じ。ポンと一口で食べてしまえるから、見た目の胡麻胡麻しさも弱いかなぁ。
これを食べて胡麻せんしょっぱ!と思われてしまうと残念だなぁと思いつつも、食べきりサイズに惹かれて手が伸びてしまう一品ではあります。でもやっぱりしょっぱいよ…。

関連記事:当ブログ内のセブンイレブン

※カロリー他情報は現時点でのものです
せんべい・珍味 | Permalink | comments (0)
小倉山荘の想ひそめし
小倉山荘:想ひそめし小倉山荘のベルギーチョコあられ「想ひそめし」、これはクリスマスVerの特別パッケージですが、中身は普通のタイプと同じです。
柿ピーチョコというのがありますが、まさにそれ! でもチョコが上質なのかたっぷりかかっているためか、妙に上品に感じられてくるんですよね。
最初は「ん?」という印象でしたが、すぐに病みつきになりました。チョコが甘さ控えめなのがいいのかな。柿ピーチョコも前に試したことがありますが、その時は私は食べきることはできなかったんですけどね。
ピンクはイチゴチョコ、白はホワイトチョコとのことです(クリスマスパッケージなのでピンクと白の割合が高いです)。見た目にはとても可愛らしくて良いのですが、味にそれほど違いを感じないところだけが残念…といえば残念かな。でも大好きなお菓子です。
※2009.11.15追記【聖夜想ひそめし12.5g:69kcal】


小倉山荘

※カロリー他情報は現時点でのものです
せんべい・珍味 | Permalink | comments (0)

このページの先頭へ