chu!
試したスイーツ感じたままに。お取り寄せたり寄せなかったり。

ひよ子本舗吉野堂のピヨピヨもなか
ひよ子本舗吉野堂:ピヨピヨもなかひよ子本舗吉野堂(株式会社ひよ子)の「ピヨピヨもなか」。お土産に頂きました。
なんとも可愛らしい商品名とその中身!渋めのパッケージも好みです。

浅いケースの中に、白いひよ子と茶色いひよ子が背中合わせに入っています。若干小ぶりではあるけれど、もなかなので十分すぎる満足感です。
白ひよ子は八女の抹茶を使った抹茶餡、茶ひよ子は北海道の小豆を使った小倉餡になっています。皮には佐賀のひよくもちを使用しているそう。食べる前は、皮にそれほど違いはないのでは?と思っていましたが、なんだか皮が美味しかった。

株式会社ひよ子(福岡):ピヨピヨもなか特に茶色い焦がし皮の方が好みでした。先に白ぴよを食べたせいかもしれませんが、口に入れた瞬間、ふわっと香ばしさが広がって嬉しくなりました。久しぶりに食べたけど、やっぱり最中美味しいな。
もなかとしては、気持ち甘さ控えめの餡かもしれません。重すぎず少なすぎずで量も満足。
見た目も商品名も可愛いし、もなか自体もきちんと美味しい。機会があったら自分でも買いたい素敵なお土産だと思いました。

ところでこの商品、東京ひよ子でも扱っているらしいです。ただ、Webサイトを見ると東京の商品ページには現時点では「ぴよぴよもなか」と書かれているんですよね。意図的にかな表記を変えているのか単に修正し忘れなのか…。東京駅で買うと違う商品名だったりするのでしょうか。
福岡ひよ子には、黒糖やら栗やらいろいろと限定品もあるようで気になります。他にも、フィナンシェならぬ「ピィナンシェ」とか、可愛すぎる。

ひよ子本舗吉野堂

※カロリー他情報は現時点でのものです
和菓子 | Permalink | comments (2)
菓匠花見(浦和花見)の白鷺宝
花見:白鷺宝(かふぇ・茶ちゃ・小倉胡桃)以前は浦和花見だった気がするのですが…。菓匠花見の白鷺宝(はくろほう)。地元のお菓子です。
小ぶりのあんこ玉風の物が、一つずつ銀紙に包まれています。くしゅっと絞っただけの銀紙の内側には薄紙。その中に丸いお菓子が入っています。今回は色々な種類を買ってみました。(写真は半分にカットしてあります)
基本の白鷺宝は、黄身入り白あんをホワイトチョコ風のミルクで薄くコーディングしたものです(右手前)。底に焼き色がついているので最初に焼いてあるのでしょうね。かもめの玉子に似た外見のお菓子ですが、白鷺宝は完全に和菓子の領域という感じ。どちらも美味しいけれど、かもめの方が玉子っぽさを味わえるような気はします。
ノーマルの白鷺宝の他に、茶ちゃ、かふぇ、伊勢丹限定らしい小倉胡桃を買ってみました。小倉胡桃、確かに小倉あんですが胡桃の存在はよく分からず。茶ちゃは抹茶というより緑茶な印象。色は濃いですが濃すぎない味で美味しいです。
周りに黒い粒々のついたのがかふぇ。インスタントコーヒーのような粒がコーティングされています。プレーンと同じ黄身あんなのですが、この「かふぇ」が美味しかった! 予想よりずっと苦め(+酸味少し)なコーヒーが、黄身あんによく合います。後味はかなりブラックコーヒーなので、すっきりとした印象にもなります。プレーンの白鷺宝と、変わり種っぽいかふぇが特に気に入りました。

実は子供の頃は、見た目が地味過ぎて好きになれないお菓子でした。色的になんとなーく法事的な印象もありました。でも大人になった現在は、この包装もいいなと思うようになりました。
しかしプレーンが一番だと思っていたのに、かふぇがこんなにも口に合うとは驚きです。ただ、かふぇを食べる時の飲み物を何にするのか?が悩むところではありますが。


菓匠花見

※カロリー他情報は現時点でのものです
和菓子 | Permalink | comments (0)
桜井甘精堂の善光寺落雁
桜井甘精堂:善光寺落雁信州お土産続きです。桜井甘精堂の善光寺落雁。栗菓子が美味しいお店ですが、今回は落雁を買ってみました。
この落雁は、赤えんどう豆を自家製粉して作っているそうです。原材料名にあるのは、赤えんどう・砂糖・糖蜜のみ。豆のほくほくとした粉っぽさを堪能できる口どけです。なめらかでほくほくで、お茶が欲しくなります。とにかく美味しい!
普通の落雁には滅多に惹かれることがないけれど、これは好きだな〜と考えていたら思い出しました。豊島屋の小鳩豆楽というお菓子も豆の落雁でした。あれも、とても美味しく感じました。どうやら私、豆の落雁が好みのようです。

と、そんな美味しい善光寺落雁なのですが、実はこれを買った後、別のお店で桜井甘精堂の高級Ver?落雁にも出会ってしまったのです。花逢瀬という名前の和三盆を使った落雁。善光寺落雁と食べ比べができるように両方の試食が出ていたのですが、比べてみると花逢瀬の方がより好みだったんですよねえ。もちろんこちらも美味しいのですが、次は花逢瀬を買ってみようと思っています。
【1枚:26.9kcal】


桜井甘精堂

※カロリー他情報は現時点でのものです
和菓子 | Permalink | comments (2)
日本橋文明堂のスイートポテト
文明堂日本橋店:スイートポテト冬に買ったお菓子なので終了していたらごめんなさい。文明堂日本橋店のスイートポテト。小豆あん入りに惹かれて買ってみました。
和風のスイートポテトだろうとは思っていましたが、予想以上に「洋」が控えめ。バターの香りはほんのり感じる程度。ポテト部分の甘さもやや控えめで、中の小豆あんと共にしっとりした印象です。スイートポテトというよりも、こういう和菓子のような気が。
原材料は、さつまいも・砂糖・小豆・卵黄・バター・ラム酒等。照りも焼きめもありません。恐らくさつま芋を模しているのでしょうが、見た目よりも上品なお菓子だと感じました。

日本橋文明堂:スイートポテト・カットで、せっかくスイートポテトなのだから、レンジで少し温めてからトースターで焼いてみました。ほんのり焦げ目をつけて取り出してみると、よく知るスイートポテトの香りがします。
味も大きく変化!ポテト部分の甘みがぐっと強まり、期待通りのスイートポテトの食感に。美味しいです。こちらの方がずっと好みの味なのですが、ただこうなってしまうと特に小豆あんは要らないような…。焼く前の状態だと小豆あんの方が甘く、食感もあっていいアクセントになっていたんですよね。でも焼いてしまうとポテト部分の方がずっと甘く、焼けた所の固さや香ばしさの方が楽しいので小豆あんを感じません。私の場合、むしろ全部スイートポテトの方がいいと感じてしまうほど。
これは、そのまま食べるのがおすすめのお菓子なのかもしれませんね。繊維質を感じるようなスイートポテトを求めず、和と上品さを楽しむお菓子に思いました。私には少し上品すぎたかも。

※カロリー他情報は現時点でのものです
和菓子 | Permalink | comments (0)
浪花屋総本店のたいやき
浪花屋総本店のたいやき夏の暑い日に浪花屋総本店に行ってきました。麻布十番というのは我が家的には通る機会の少ない方面。出先から電話を入れ、1時間後の予約OK!だったので遠回りをして買いに行きました。お店に着いた頃は待たずに買えたようですが、すごい時だと2時間待ちなんてのもあるそうですね。その時も、焼き上がったたい焼きがたくさん並べられていて、ひっきりなしにお客さんが買いに来てました。
で、肝心のたい焼きです。写真ではふっくらしているように見えますが、わりと薄めのタイプです。大きさは普通かな。皮の色も、他のお店より薄い気がしました。
味ですが、すごく素朴なたい焼きだなという印象を受けました。皮もあんこも甘すぎず重すぎず。薄めの皮に十分満足できるほどのあんが入っていますが、くどくないのでぺろりと食べてしまえます。特に皮が素朴かな。皮自体の甘さが少なく、粉の味を感じるほどでした。明治42年創業というのを、なんとなく納得。
鯛焼きの元祖として有名すぎるお店だから買うにも予約(または運)が必要ですが、機会があったらまた食べてみたいかな。ただ、我が家の場合は頑張って作らないとその[機会]が得られないところが問題ではあるのですが。

※カロリー他情報は現時点でのものです
和菓子 | Permalink | comments (0)

このページの先頭へ