chu!
試したスイーツ感じたままに。お取り寄せたり寄せなかったり。

鎌倉紅谷のクルミッ子 | top | メール・プラールの塩キャラメルガレット

ひよ子本舗吉野堂のピヨピヨもなか
ひよ子本舗吉野堂:ピヨピヨもなかひよ子本舗吉野堂(株式会社ひよ子)の「ピヨピヨもなか」。お土産に頂きました。
なんとも可愛らしい商品名とその中身!渋めのパッケージも好みです。

浅いケースの中に、白いひよ子と茶色いひよ子が背中合わせに入っています。若干小ぶりではあるけれど、もなかなので十分すぎる満足感です。
白ひよ子は八女の抹茶を使った抹茶餡、茶ひよ子は北海道の小豆を使った小倉餡になっています。皮には佐賀のひよくもちを使用しているそう。食べる前は、皮にそれほど違いはないのでは?と思っていましたが、なんだか皮が美味しかった。

株式会社ひよ子(福岡):ピヨピヨもなか特に茶色い焦がし皮の方が好みでした。先に白ぴよを食べたせいかもしれませんが、口に入れた瞬間、ふわっと香ばしさが広がって嬉しくなりました。久しぶりに食べたけど、やっぱり最中美味しいな。
もなかとしては、気持ち甘さ控えめの餡かもしれません。重すぎず少なすぎずで量も満足。
見た目も商品名も可愛いし、もなか自体もきちんと美味しい。機会があったら自分でも買いたい素敵なお土産だと思いました。

ところでこの商品、東京ひよ子でも扱っているらしいです。ただ、Webサイトを見ると東京の商品ページには現時点では「ぴよぴよもなか」と書かれているんですよね。意図的にかな表記を変えているのか単に修正し忘れなのか…。東京駅で買うと違う商品名だったりするのでしょうか。
福岡ひよ子には、黒糖やら栗やらいろいろと限定品もあるようで気になります。他にも、フィナンシェならぬ「ピィナンシェ」とか、可愛すぎる。

ひよ子本舗吉野堂

※カロリー他情報は現時点でのものです
和菓子 | Permalink | comments (2)
コメント

『東京ひよこ』が近所にあるので時々買ってましたが、『ひよこ本舗』と仮名の違うがあったなんて、こちらのBLOGで初めて知りました。
『東京ひよこ』の個装パッケージはひよこの顔や羽も書いてあったり、ひよこのシルエットが白抜きで福岡と逆だったりします。
でも かわいらしさは同じですね!

ピィナンシェ食べてみたいです。
NANAKO | 2014/03/05 14:33
NANAKOさん、コメントありがとうございます! 公開(承認)とお返事が遅れてごめんなさい。
福岡のお土産だとか、東京のだとか、なんか色々ですよね。
ピィナンシェ、私もまだ食べていないのです。でも、東京ひよこの「ひよ子焼きぽてと」も気になる!
紅茶も好きなので、スカイツリー限定という紅茶ひよ子はいつか買う気がしています♪
riku | 2014/04/17 22:58
コメントする










このページの先頭へ