chu!
試したスイーツ感じたままに。お取り寄せたり寄せなかったり。

ありあけの横濱ローヤルハーバー | top | フォションのパン・グリエ・ア・ラ・フランボワーズ

菓匠花見(浦和花見)の白鷺宝
花見:白鷺宝(かふぇ・茶ちゃ・小倉胡桃)以前は浦和花見だった気がするのですが…。菓匠花見の白鷺宝(はくろほう)。地元のお菓子です。
小ぶりのあんこ玉風の物が、一つずつ銀紙に包まれています。くしゅっと絞っただけの銀紙の内側には薄紙。その中に丸いお菓子が入っています。今回は色々な種類を買ってみました。(写真は半分にカットしてあります)
基本の白鷺宝は、黄身入り白あんをホワイトチョコ風のミルクで薄くコーディングしたものです(右手前)。底に焼き色がついているので最初に焼いてあるのでしょうね。かもめの玉子に似た外見のお菓子ですが、白鷺宝は完全に和菓子の領域という感じ。どちらも美味しいけれど、かもめの方が玉子っぽさを味わえるような気はします。
ノーマルの白鷺宝の他に、茶ちゃ、かふぇ、伊勢丹限定らしい小倉胡桃を買ってみました。小倉胡桃、確かに小倉あんですが胡桃の存在はよく分からず。茶ちゃは抹茶というより緑茶な印象。色は濃いですが濃すぎない味で美味しいです。
周りに黒い粒々のついたのがかふぇ。インスタントコーヒーのような粒がコーティングされています。プレーンと同じ黄身あんなのですが、この「かふぇ」が美味しかった! 予想よりずっと苦め(+酸味少し)なコーヒーが、黄身あんによく合います。後味はかなりブラックコーヒーなので、すっきりとした印象にもなります。プレーンの白鷺宝と、変わり種っぽいかふぇが特に気に入りました。

実は子供の頃は、見た目が地味過ぎて好きになれないお菓子でした。色的になんとなーく法事的な印象もありました。でも大人になった現在は、この包装もいいなと思うようになりました。
しかしプレーンが一番だと思っていたのに、かふぇがこんなにも口に合うとは驚きです。ただ、かふぇを食べる時の飲み物を何にするのか?が悩むところではありますが。


菓匠花見

※カロリー他情報は現時点でのものです
和菓子 | Permalink | comments (0)
コメント

コメントする










このページの先頭へ