chu!
試したスイーツ感じたままに。お取り寄せたり寄せなかったり。

FLOのキャラメルプリンタルト | top | モスバーガーの玄米フレークシェイク抹茶小豆

花月のかりんとう
花月:かりんとう東京のかりんとう御三家は、銀座の「たちばな」、浅草の「小桜」、そして湯島の「花月」らしいです。たちばなと小桜は前に食べてとても美味しかったので、花月のかりんとうも試してみました。
ですが私、たちばなでも小桜でも細身のかりんとうしか食べていませんでした。どうもしっかりめのかりんとうには甘すぎる+硬すぎるイメージがあり、ほとんど手が伸びなかったんです。でも花月のかりんとうはこれ一種。迷うまでもなく、こちらを買ってきました。
しっかりめとはいえ、無骨な印象は受けません。細身とは言えないけれど、中身位の太さかな。するんとした形につやつやの飴がけが素敵です。白砂糖の蜜なので色も綺麗。真夏に持ち帰りましたが、ほとんどダレもありませんでした。
それなりの歯ごたえはありますが、覚悟するほどには硬くありません。太さのためかきめ細かい生地だからか、かりんとうの中心部分は白いままです。始めのうちはこの部分がちょっとパンっぽいように感じられていたのですが、食べているとちょうどいいバランスに思えてきました。
個人的には、お上品にカリカリするより遠慮なくがりがり食べる方がおすすめです。二つの味が口の中で融合するのが楽しいし、美味しい。次第に癖になる感じで気に入りました。他のお店でも太めのタイプを試してみよう。

花月:風呂敷包み「涼」200gの袋詰めを買いました。不織布の風呂敷で包んであります。夏限定の「涼」という名前の風呂敷でしたが、こちらは既に売り切れてしまったみたい。赤い金魚が可愛いです。

花月:おまけのこわれ平日のお昼過ぎにお店に買いに行ったのですが、200gのかりんとうを買ったら100g位のこわれをサービスしてもらいました。おまけと呼ぶにはあまりにもたっぷりサイズでびっくり。ちなみに、ほとんど壊れていなかったです。もちろんこちらも美味しかった。

花月

※カロリー他情報は現時点でのものです
揚げ菓子・ドーナツ | Permalink | comments (0)
コメント

コメントする










このページの先頭へ