chu!
試したスイーツ感じたままに。お取り寄せたり寄せなかったり。

ボンサンク(石村萬盛堂)のシャンデレザン | top | ヤマザキのホットドッグ・浦和レッズVer

叶匠壽庵の方丈4種
叶匠壽庵:方丈4種叶匠壽庵の「方丈」という小さなお菓子。新宿伊勢丹限定品ですが、新丸ビルで食べることもできるようです。(現時点ではお持ち帰りはできない模様)
果実や木の実を寒天で固めたお菓子で、大きさは3cm四方程。たくさんの種類があり、見るのも選ぶのも楽しいです。桜と柚子、濃茶とくるみを買ってみました。
クリアなタイプの桜と柚子は、スーパーでも売っているような寒天ゼリーの食感です。ただ、桜の花びらやら香り付けに使っている桜葉抽出液やらがとても繊細。柚子も甘酸っぱい好みの味で、幸福になれるお茶請けです。
濃茶には唯一マシュマロが加えてあり、ふんわりとした可愛い肌触り…だったのですが、食べるまでに日を置いてしまったので硬くなってしまいました。柔らかかったら、多分口の中で溶けたんだろうなぁ。苦味はそれほど強くないよう感じましたが、美味しかったです。
気持ち大きめのくるみは、和くるみを炒ってお砂糖と一緒に固めたもの。すごく香ばしくて、なんというか自然を感じるような味でした。素朴で美味しい。
果実系のクリアタイプがとても美しいのですが、豆や穀物・木の実を使ったタイプの方が味としてはよりダイレクトかも知れません。どちらにしても、素材を感じるお菓子との印象かな。また買いたいです。次回は濃茶を柔らかいうちに!

なお綺麗な化粧箱詰めもありますが、自宅用でお願いしても型崩れ・味移りを防いだ仕切りつきの小箱に入れてくれます。一週間程度は日持ちもするし、お土産にもきっとオススメだと思います。

叶匠壽庵

※カロリー他情報は現時点でのものです
和菓子 | Permalink | comments (2)
コメント

なんかそのーネーミングが(^^;)。禅宗(私が知ってるのは曹洞宗の方ですが)のお坊さんたちは、お互いを「●●方丈」と呼び合うんですよね。住職さんも「●●寺の方丈さん」と呼ぶので・・・多分私がこのお菓子を食べたら、食べながら連想するのはマッチョなお坊さんたちをカシカシ食べてるってホラーな想像な気がします(えへへ)。方丈記っていうのから来てるんでしょうか?真四角ですもんね。すごい有名というか高級な和菓子屋さんというイメージもあるので、今度デパ地下行ったらチェックしてみます♪
みお | 2007/05/18 21:48
レスが遅れてごめんなさい。方丈って、そんな意味があるんですか!お坊さんなお菓子ってのは、確かにちょっと嫌だなぁ(苦笑)
この方丈は、どうやら単純に長さの単位から来たみたいです。
>一丈十尺という長さの単位の「丈」。
>一切の無駄を省き、極限までそのものの考え方の本質を追及した空間、それが「方丈」。
とリーフレットには書いてあります。

叶匠壽庵のお菓子って、私は買ったの初めてだったんです。でも、包むのを待っている間に試食させてもらったロールケーキ等、結構現代的な要素もあり?と思いました。生粋の和も、洋入りの和も好きなんですよねー。
そろそろ季節なので、次回は水羊羹を買ってみたいです。
riku | 2007/05/23 01:17
コメントする










このページの先頭へ